1-1-6-5 熱量計

 熱量計には、流量計と測温抵抗体を用いて、流量と温度の測定信号から熱量演算を行って熱量を求める方式(温水用と冷水用)がある。またサーミスタの特性を利用して温度変化を高感度に測定し、直接熱量を求める方式や、その他、試料ガスをバーナで燃焼させ、その燃焼ガスの温度と燃料用空気のバーナ入口温度との差を熱電対で測定し、発熱量を求める方式等がある。

目次へ
ページトップへ