会長挨拶

一般社団法人日本電気計測器工業会(Japan Electric Measuring Instruments Manufacturers' Association:JEMIMA)は1948 年に設立されてより一貫して先端産業の担い手として、わが国の電気計測器産業の技術革新に貢献し、国内外における地位を向上させてまいりました。

急速な技術の進歩によって「電気計測器」はその応用分野を広げ、制御機器、PA、FA 機器と一体化しており、近年はそのアプリケーションも、工場現場に閉じていた過去とは大きく変わっています。

あらゆる機器がネットワークを通してつながり、大量のデータが収集されることで今までにないビジネスが興りつつある現代社会において、計測と制御を担う電気計測器は必要不可欠なキーコンポネントとしての地位を確立しつつあります。

このように技術の潮目が変わってきたと言える現代の産業界において、私たちJEMIMA は、「真に会員企業に貢献する工業会」を指向し、たゆまぬ技術開発によって高付加価値の製品を顧客に提供し続ける会員企業の真のニーズを的確に捉え、これを支援するための事業を積極的に推進して世界の基幹産業に貢献してまいります。

JEMIMA は2018 年に設立70 周年を迎えました。これを機会に徹底的に改革を進め、時代の要請に機敏に応えられる工業会を目指して会員の皆様に貢献していく所存ですので、会員各位と関係者の方々のご指導とご協力を心よりお願い申し上げます。

一般社団法人 日本電気計測器工業会
会長  堀場 厚

ページトップへ