2-1-11 バーコードリーダ

 バーコードリーダを形状で区別すると手持ち式と定置式に分類することができ、それらを光源で分類すると、LED方式、レーザ方式に分類される。また、その他の形式としてCCDカメラも利用されている。さらにLEDを単一光源とするバーコードリーダは可視光と赤外光に分けられ、レーザ方式はHe-Neレーザと半導体レーザに分けられる。以下にバーコードリーダの分類を示す。

 基本的にどのバーコードリーダも読み取る原理は同じで、以下にHe-Neレーザスキャナの例を示す。

目次へ
ページトップへ