「アジア各国の安全とEMC」セミナー

2015年10月29日

「アジア各国の安全とEMC」セミナー
~電気計測器を中心として~

主催:製品安全・EMC委員会

 製品安全・EMC委員会では、会員企業の皆様から共通して要望の強い、国内外のEMCおよび電気/光安全にかかわる法的規制とそれに関連する規格の情報を提供するべく活動しております。

 現在、様々な電気製品における事故が報じられており、人命と財産を保護する製品安全は、製品開発に欠かせない要求事項となっております。また、電子機器から放射される電磁ノイズによる機器の誤動作が問題視され、EMC対策の重要性がますます高くなっています。
 当委員会は2011年6月に、韓国、中国、台湾、インド、タイ、ベトナム、香港、シンガポールのアジア8カ国の製品安全とEMCセミナーを開催して、皆様からご好評をいただきました。今回は、更にマレーシアを加えたアジア9カ国に電気計測器を販売する上で影響する、製品安全とEMCの規制について解説いたします。
 韓国での電気用品安全管理法の対象を拡大する動きや、インドの強制製品登録制度(CRS)にACアダプタや携帯機器用二次電池が追加されるなど、見逃すことができない内容となっております。

 アジア各国の最新情報が一度に入手できるとても良い機会ですので、是非ともご参加ください。多数のお申し込みをお待ち申し上げます。

― 記 ―

日 時 平成27年10月29日(木)10:00~16:30(9:30受付開始)
会 場 日本消防会館(ニッショーホール) 大会議室
東京都港区虎ノ門2-9-16

最寄駅
・東京メトロ銀座線 虎ノ門駅 2番・3番出口 徒歩5分
・東京メトロ日比谷線 神谷町駅 4番出口 徒歩10分
案内図はこちらをクリックしてください。
参加費 一般・・・・・・・・ 10,000円/1名(税込)
JEMIMA会員・・  5,000円/1名(税込)

当日、会場受付で現金にてお支払いください。領収書をお渡しします。
お釣りがいらないようにご協力をお願いします。
もし欠席される場合は代理の方のご出席をお願いします。

会場へは、外部からの飲食物を持ち込まないでください。
 そのため、お飲み物や昼食等はご持参なさいませんよう、ご協力お願いします。
 セミナー事務局にて、ペットボトルのお茶(500ml)は受付時にご用意いたしますが、
 昼食は準備いたしません。会場の地下一階の飲食店や周辺のお店等をご利用ください。
定 員 90名(先着順で定員になり次第締め切りとさせていただきます。)
申 込 定員に達しましたのでお申し込みは終了いたしました。
資 料 印刷されたセミナー資料の配布はありません。

セミナー資料につきましては、事前にWebからダウンロードしていただきます。
詳細につきましては、申し込み締め切り後にE-mailにてご連絡いたします。
10/20にご連絡いたしました。メールが届いていない方はご一報ください。

当日はプロジェクターで投影しますが、印刷されたセミナー資料が必要な方は、ご自身でプリントアウトの上、ご持参ください。
※PC用の電源コンセントは用意してありません。
受講対象者 アジア各国に製品を輸出している企業や生産を行なっている企業で、法規制・規格等に関わっている方。
講 師 (株)コスモス・コーポレイション 認証判定課 世古 浩子 様
問合せ 一般社団法人日本電気計測器工業会 製品安全・EMC委員会 事務局 牟田宛
電話:03-3662-8182
E-mail:houki@jemima.or.jp

プログラム

9:30~10:00 受付
10:00~10:05 スケジュール紹介、会場注意事項等
10:05~10:10 主催者挨拶 製品安全・EMC委員会 委員長
10:10~11:30 韓国
11:30~11:45 香港
11:45~12:45 昼食(60分)
12:45~13:45 中国
13:45~14:35 台湾
14:35~14:50 休憩(15分)
14:50~15:15 シンガポール、マレーシア
15:15~16:00 インド、タイ、ベトナム
16:00~16:30 Q&A

(講演内容等については予告なく変更することがありますので、予めご了承くださいますようお願いします)