NMIJ温度湿度クラブ・JEMIMA温度計測委員会合同講演会 in 関西

2012年7月6日

NMIJ温度湿度クラブ・JEMIMA温度計測委員会合同講演会 in 関西 のお知らせ

主催:温度計測委員会

このたび温度計測委員会では、NMIJ温度湿度クラブとの合同講演会を関西地区で開催いたします。
温度計測委員会が提供するテーマは、温度指示計器のJCSS登録事業への取り組みと、当委員会が素案を作成し、改正に携わったJIS C 1610 熱電対用補償導線の概要説明になります。講演会終了後、講師を交えて懇談会を開催いたしますので、こちらも是非、ご参加ください。
参加ご希望の方は、申込書に必要事項をご記入の上、6月22日までにJEMIMA事務局勝田宛に申込書をご送付ください。
申し込み書ダウンロード
※NMIJ温度湿度クラブとは、温度、湿度の計測に関わっていられる方々に、情報交換の場を提供するためにNMIJ計測クラブのもとに設置されております。NMIJ計測クラブは、独立行政法人産業技術総合研究所の計量標準総合センターが主催しています

― 記 ―

合同講演会

日時 平成24年7月6日(金)13:30~16:30
会場 エル・おおさか(大阪府立労働センター)南館7階 南734会議室
マップ
最寄り駅:大阪市営地下鉄谷町線又は京阪本線「天満橋」
参加費 無料

温度計測委員会テーマ

1.温度計メーカが取り組む温度指示計器のJCSS ・講 師:丸野 耕一 氏 山里産業株式会社
・概 要:熱電対や測温抵抗体を入力とする指示計器単体(温度指示計器)のJCSS校正が電気の区分として可能になりました。
温度の校正事業者が電気のJCSSに取り組んだ経緯をお話します。。
2.改正、熱電対用補償導線(JIS C 1610)の概要 ・講 師:金澤 兼治 氏 株式会社 福電
・概 要:熱電対用補償導線の規格・JIS C 1610が17年ぶりに改正されます。
IEC 60584-3:2007を取り入れ、1981年改正時からの記号の呼び方や表面被覆の色などの変更、その他JISの改正点を説明します。

NMIJ温度湿度クラブテーマ

1. 海洋・河川の水温測定用高精度センサの校正(仮称) ・講 師:倉田 雅美 氏 JFEアドバンテック 株式会社
2.放射温度の標準とトレーサビリティ整備 ・講 師:石井順太郞 氏 独立行政法人産業技術総合研究所 計測標準研究部門

※講演内容等については予告なく変更することがあります。

懇談会

時間 17:45~20:00(予定)
場所 大阪第一ホテル
会費 5,000円(当日ご持参ください)
お申込み JEMIMA事務局 勝田 katsuta@jemima.or.jp (電話03-3662-8183)

ご登録いただいた個人情報は、JEMIMAプライバシーポリシーに基づき管理されます