ビジネスにおける国際標準化の戦略的活用とエネルギー・環境政策調査委員会(仮称)の概要

2010年2月26日

エネルギー・環境政策調査委員会(仮称)」の概要

一般社団法人 日本電気計測器工業会(JEMIMA)
企画委員会

 地球温暖化対応が世界的な課題になる中で、中国やアジア諸国のエネルギー消費の急速な増大が見込まれ、エネルギー効率(Energy Efficiency)を高める省エネ技術の重要性がクローズアップされてきています。また、“Energy Efficiency”に関しては、国際標準化を視野にISOやIECでも検討が行われており、EUでは ICT4EE(ICT for Energy Efficiency)が立ち上がるなど、ビジネス戦略上極めて重要となる国際的な動きが活発化しています。
以上のような情勢に鑑み、JEMIMAでは2010年度の事業として、「エネルギー・環境政策調査委員会(仮称)」を立ち上げるべく、必要な準備を進めております。またこの委員会活動を通して、計測と制御の貢献度の「見える化」をはかり、会員各社のビジネスチャンスの探索に資する情報の提供を目指してゆきたいと考えています。
同委員会を立ち上げるにあたり、会員企業関係者の理解を深めるために、先に1月29日に「スマートグリッドの海外動向と我が国産業への影響」(経済産業省商務情報政策局情報経済課 伊藤慎介氏)のご講演をいただきましたが、同様の趣旨から、今回は国際標準化の視点から下記セミナーを企画いたしました。多数のご参加をいただきたく、ご案内申し上げます。

開催日時・場所:
  日時:平成22年2月26日(金) 受付13:30
   
   14:00~16:00
    講演  「ビジネスにおける国際標準化の戦略的活用・・・工業会としての取組」
    講師  一橋大学イノベーション研究センター教授 江藤 学 氏
 
  16:00~17:00
    「エネルギー・環境政策調査委員会(仮称)」委員会の概要
    JEMIMA事務局

  会場:計測会館 401会議室 
定員: 50人
 お申し込み状況により、多人数の応募をされた企業には、参加人数を調整させていた
 だく場合もあります。
 講演会のみの参加も可能ですが、応募人数が大幅に超えた場合、お申し込み後にお断り
 する場合もありますので、ご理解の程お願い致します。
参加費用: 無料
申込方法:
こちらから、お願いします。
ご登録いただいた個人情報は、
JEMIMAの個人情報保護方針(プライバシーポリシー)  
に基づいて取扱いさせていただきますのでご確認ください。
受付期間:
 平成22年2月24日(水)まで
 お申し込み期間は、応募状況により日程を変更する可能性もあります。

本件のお問合せ先
JEMIMA事務局  鞆(とも) 和美まで
電話:03-3662-8183  E-mail: kazumi_tomo@jemima.or.jp

以上