計測展2014 OSAKA

基調講演

基調講演

基調講演

11/19(水) 11:30-12:30

会場: 会場E
1003会議室

関 総一郎氏
関西経済の今後の方向性について(仮題)
近畿経済産業局長 関 総一郎 氏
景気を本格的な回復基調につなげるため、「アベノミクス」は何を進めてきているのか。日本経済の現状と中期的課題をふまえ、これからの関西経済の目指すべき方向性について講演する。

perspective
日本の国際競争力とものづくり

特別講演

11/19(水) 13:00-14:30

会場: 会場E
1003会議室

吉川 良三氏
ものづくり維新ー日本企業復活への道ー ~サムスンのグローバル戦略から学ぶ~
東京大学大学院経済学研究科ものづくり経営研究センター
特任研究員
吉川 良三 氏
日本のものづくりは経済の大きな牽引役となり、「技術大国」「ものづくり大国」としてその製品が世界市場を席捲し、今日の日本の地位の確立に貢献してきた。ところが近年は、こうした評価そのものが大きく揺らいでいる状況になっている。今後日本の産業が再び輝きを取り戻すためにはどんな方向性で取り組んでいけば良いかの指針について、自身のサムスン電子の体験をまじえ講演する。

11/19(水) 12:30-13:30

会場: 会場G 1009会議室

辯官 達也 氏
“世界中の人々を豊かにする”オムロン綾部工場の生産革新
オムロン株式会社 インダストリアルオートメーションビジネスカンパニー
オートメーションシステム統轄事業部
綾部工場 工場長
辨官 達也 氏
“オートメーションでものづくりを革新し世界中の人々を豊かにする”カンパニービジョンのもと、オムロン綾部工場では、生産性や品質の維持向上と電力消費の削減を両立するものづくり革新に挑戦してきた。本講演では、生産革新におけるグローバル生産戦略、省エネ改善事例などを紹介する。

11/21(金) 12:25-13:35

会場: 会場G 1009会議室

今枝 誠 氏
21世紀の新たな日本流ものづくり ~モチベーションとイノベーション~
MI人財開発研究所代表
(元デンソー技研センター顧問)
今枝 誠 氏
本セミナでは、ものづくりの三要素である人づくり、価値づくり、物づくりの中で、価値づくりに焦点をあて「自分軸の設定と実践のステップ」を具体化させる実践的な創造思考技術の道具についても言及いたします。本セミナを通じ「21世紀の新たな日本流ものづくり」について皆様方と一緒に考えてみたいと思います。
パワーエレクトロニクスが拓く未来

特別講演

11/20(木) 14:00-15:30

会場: 会場F 1008会議室

松波 弘之 氏
基礎研究と実用化―パワー半導体SiCのあゆみ―
京都大学
名誉教授
松波 弘之 氏(工学博士)
パワー半導体SiCへの期待と技術の現状、京都大学における基礎研究、実用化へのみちのりとしての国家プロジェクトへの依存、省エネ効果の実例を紹介し、グリーンイノベーションへの今後の展開を述べる。

特別講演

11/20(木) 10:30-12:00

会場: 会場G 1009会議室

清水 敏久氏
モータ駆動・半導体電力変換の技術動向と計測の課題
首都大学東京 理工学研究科
教授
清水 敏久(工学博士) 氏
環境問題やエネルギー問題の解決手段として近年急速に脚光を浴びているパワーエレクトロニクスに関する最近の技術動向について概説し,今後の技術課題について紹介するとともに,その解決に必要な技術課題を計測技術と関連付けて論じる。

11/20(木) 12:20-13:20

会場: 会場G 1009会議室

佐藤 以久也氏
可変速駆動システムの効率測定における国際標準規格への取組み
富士電機株式会社 技術開発本部 パワエレ技術開発センター
主任
佐藤 以久也 氏
本講演では,インバータ,モータを組み合わせた可変速駆動システムの効率算定に関する国際電気標準化会議(IEC)での活動を説明する。現在,日本の産業機器及び測定器が競争力を発揮できるためのインバータ電力測定方法,モータトルク測定方法を国際標準化へ反映させるための測定キャンペーン等の取り組みを紹介する。
スマートワイヤレスの未来

特別講演
第1部

11/20(木) 12:20-13:50

会場: 会場E 1003会議室

原田 博司氏
ソーシャル・ビッグデータ時代を支える次世代センサー/ メーター用無線通信技術:Wi-SUN
京都大学大学院 情報学研究科 通信情報システム専攻
教授
原田 博司(工学博士) 氏
電気、ガス、水道メーターの自動検針及び管理等を円滑に行うために、現在「スマートメータ」および「スマートユーティリティネットワーク」に関する研究開発、標準化が行われ始めている。本講演では米国IEEE802.15.4gをベースにした相互接続可能な通信規格Wi-SUNについて解説を行う.

第2部

11/20(木) 13:55-17:00

会場: 会場E 1003会議室

センサーネットワーク無線 関連市場動向
薦田 美行 氏  
倉田 成人 氏  
山田 亮太 氏  
古川 陽太 氏  
加藤 豊行 氏
HEMS [13:55-14:30]
パナソニック株式会社 エコソリューションズ社 技術本部 システム開発センター/
総括参事
薦田 美行 氏
無線センサネットワークで実現する構造物モニタリングとビッグデータ基盤  [14:35-15:10]
筑波技術大学 産業技術学部/教授
倉田 成人 氏(元鹿島建設株式会社 )
FA [15:15-15:50]
オムロン株式会社 技術・知財本部 応用開発センタ/
主事
山田 亮太 氏
PA [15:55-16:30]
横河電機株式会社 IAプラットフォーム事業本部 新分野開発センター
無線ソリューション部長
無線プロダクトマネージャ
古川 陽太 氏
標準化・相互接続 [16:35-17:00]
アンリツエンジニアリング(株) 第一事業本部 新市場開拓部
課長
加藤 豊行 氏
標準化と実用化が進むセンサーネットワーク無線の最新市場動向と具体例について、各々の市場のリーディングカンパニー企業の講演を一括で聴講可能となるようにセッティングしました。M2M新規ビジネス開拓に役立つ特別企画。

Industry 4.0の時代へ

特別講演

11/19(水) 15:00-16:30

会場: 会場E 1003会議室

新 誠一氏
ビッグデータ時代のサイバーセキュリティ(仮題)
電気通信大学 情報理工学研究科 知能機械工学専攻
教授
新 誠一(工学博士) 氏
人やモノの移動,広範囲の気象データや購買データなどのビッグデータを活用する時代を迎えている.同時にビッグデータ自体のサイバーセキュリティ問題が浮上している.一つは集めたデータの漏えい問題であり,もう一つは測定点に対する攻撃である.これらの対策を最近の動向紹介と合わせて考察する.

11/20(木) 13:40-15:10

会場: 会場G 1009会議室

Roland Heidel 氏
IECフォーラム①: Industry 4.0とスマート・マニュファクチャリング
IEC TC 65 議長,SIEMENS AG
Roland Heidel 氏
IECが標準化活動を開始したスマート・マニュファクチャリング。その発端となったインダストリ4.0の背景と狙い、IECでの活動の概要を紹介する。
  Joseph Briant 氏
IECフォーラム①: オートメーション・システムが支えるエネルギー効率
IEC SC65E 議長,Schneider Electric SA
Joseph Briant 氏
ものづくりにおけるエネルギー効率化を進めるためにIECではその管理のアプローチを技術報告書にて発信中。その内容を簡潔に紹介する。

11/20(木) 15:20-16:50

会場: 会場G 1009会議室

Robert. J. Kretschmann 氏
IECフォーラム②: 安全とセキュリティ分野におけるIEC標準と認証
IEC SC 65A 議長,Rockwell Automation Inc.
Robert. J. Kretschmann 氏
工場にとって安全とセキュリティは最重要課題。現在IECで準備が進められているオートメーション製品グローバル認証の体系を紹介する。
  Wilfried Hartmann 氏
IECフォーラム②: 計測・制御機器のプロパティに関する標準化動向
IEC SC 65B 議長,BASF SE
Wilfried Hartmann 氏
工場で作り出される製品は作りこまれる生産プロセスにおいてプロパティと呼ばれる様々な指標や属性とともに管理されている。このプロパティを計測・制御機器の特性に合わせて標準化しておくことで管理・運用の効率を向上させることができる。本講演ではその標準化のスコープと現状を紹介する。

11/20(木) 12:20-13:15

会場: 会場F 1008会議室
遂次通訳付

マーク・アインシュタイン 氏
ビジネスイノベーションの未来:ビッグデータ、IoT(モノのインターネット)、スマートファクトリーの台頭
フロスト&サリバン ジャパン株式会社 情報通信技術リサーチ部門長
マーク・アインシュタイン 氏
製造業のバリューチェーン全体に大きな変化をもたらすビッグデータ、IoT、スマートファクトリーなどの新たなテクノロジーを正しく理解し、事業との関連付けを行うことは、迫りくる製造業のパラダイムシフトに必須である。企業がイノベーションを実現するために、新たなテクノロジーをどう活用すべきかを紹介する。

11/21(金) 10:30-12:00

会場: 会場G 1009会議室

佐藤 有紀子氏
IoT (モノのインターネット) ~コンピューティングの更なる進化~(仮)
インテル株式会社 IoTソリューション事業開発部
部長
佐藤 有紀子 氏
インテルがIOT市場動向を踏まえ、どのように対応しようとしているのかを説明する。世界中で500億台を超すデバイスがネットワークに接続される時代に向け、大規模サーバー向け製品から、産業機器、自動車に搭載される情報端末、ヘルスケア関連機器など、最新の技術トレンドを紹介する。
ラウンドテーブルセッション

11/21(金) 13:00-15:00

会場: 会場E 1003会議室

Roland Heidel 氏  
Joseph Briant 氏  
水上 潔 氏  
小田 信二 氏  
石隈 徹 氏
進化する社会インフラストラクチャを支える国際標準
プロセス・オートメーションで培われてきた計測・制御技術は今後の社会基盤(インフラストラクチャ)の発展にも様々な分野で応用・展開される。並行してその安全で確実な運用を支える国際標準も開発されつつある。今回のラウンド・テーブル・セッションではモノづくりからスマートグリッドに至るまでの「エネルギー効率」とIndustry4.0等で代表される「Smart Manufacturing」の分野での国際標準化動向とその意義を確認し、モノづくりとオートメーションの将来に向けて、私たちは何をすべきかを徹底議論する。
パネラー
IEC TC 65 議長,SIEMENS AG
Roland Heidel 氏
IEC SC 65E 議長,Schneider Electric SA
Joseph Briant 氏
株式会社日立製作所 インフラシステム社 技術開発本部 国際標準化部
部長
水上 潔 氏
横河電機株式会社 IA-MK本部
テクノロジーマーケティング室長
小田 信二 氏
ファシリテーター
アズビル株式会社 技術標準部
国際標準化担当部長
石隈 徹 氏

その他特別講演

特別講演

11/21(金) 14:00-16:50

会場: 会場G 1009会議室

平成26年度省エネ診断・技術事例発表会 ~経営コストのお悩み解決!儲かる省エネ~
一般財団法人 省エネルギーセンター(講師調整中)
中小企業における省エネルギー対策の促進を図るため、経営者およびエネルギー管理責任者等を対象とし、「最新省エネ技術や省エネ診断をきっかけとして省エネ効果をあげた事例」等についてセミナー形式で紹介し、省エネ推進の着眼点や具体的な実施方法について情報提供する。
※講演内容、講演者などは都合により予告なく変更する場合があります。予めご了承ください。
事前登録 セミナー登録 出展プロモーション強化バリューアップサービス 出展をお考えの方 出展者専用サイト 計測展2012 OSAKA 計測展2015 TOKYO

前回展示会の様子


コーポレートPR



オートメーション新聞

京西テクノス