計測展2013 TOKYO
english 計測展2013 TOKYO > HOME > 出展のご案内
HOME開催概要出展企業一覧展示会場のご案内会場アクセスお問い合わせ
講演会・セミナー出展者・主催者セミナー併催企画報道関係の方へアトリウムステージプレビューラウンドテーブルセッションプレビュー

来場事前登録 講演会・セミナー受講 出展をお考えの方 出展者専用サイト計測展2012 OSAKA計測展2011 TOKYOSCF20132013国際ロボット展主催者 JEMIMA

出展のご案内

開催要項
会期 2013年11月6日(水)~11月8日(金) 3日間
会場 東京ビッグサイト(有明:東京国際展示場) 西1・2ホール・アトリウム
開場時間 10時~17時
主催 一般社団法人 日本電気計測器工業会(JEMIMA)
後援 経済産業省、環境省、独立行政法人 日本貿易振興機構(ジェトロ)※申請予定
協賛 独立行政法人 産業技術総合研究所、独立行政法人 製品評価技術基盤機構、日本電気計器検定所
一般財団法人 日本品質保証機構、公益社団法人 計測自動制御学会、一般社団法人 日本機械学会
一般社団法人 日本計量機器工業連合会、一般社団法人 日本電機工業会
一般社団法人 日本電気制御機器工業会、社団法人 日本分析機器工業会 (順不同)※申請予定
入場料 一般 1,000円  学生 無料 (※事前登録者または招待券持参者は入場無料)
主な
来場者
一般社団法人 日本電気計測器工業会の取扱品目表にある全製品及び
その他各社取扱製品全般・情報関連
出展対象品目:
 
一般社団法人 日本電気計測工業会の取扱い品目表にある全製品及び
その他各社取扱製品全般/ソリューション関連
電気測定器
FA用計測制御機器
PA用計測制御機器
指示計器
電力需給計器
電子応用計測器
環境計測器
放射線計測器
存在検知センサ
FAインテリジェントセンサ
表示監視機器
アクチュエータ
プログラマブルコントローラ
FAシステム機器
電源機器
グラフィック表示器
計測・制御ソフトウェア/ソリューション
省エネ・新エネ関連機器/ソリューション
安全制御機器/ソリューション
監視・保全システム
情報伝送装置・周辺装置
その他
計測展2011 TOKYO 開催結果概要

来場者数・・・25,761 名
カンファレンス、セミナー
 セッション数・・・延べ38 セッション
 参加者 ・・・延べ2,094 名
出展小間数・・・333 小間

来場者プロフィール
「計測展2011 TOKYO」来場者アンケートより
来場者プロフィール
出展のメリット
出展者への5つのメリット
計測と制御の未来像をアピールする最大の展示会

産業界のマザーツールである「計測」と「制御」の最新の技術、伝承される技術が一同に集まる業界最大の展示会 です。ここ数年、来場者が増加してきていますが、2013年は「システム コントロール フェア2013」との同時開催 により大幅な来場者の増加を見込んでいます。新規顧客獲得、新ビジネスの発見などビジネスチャンスが大きく 広がります。

東ホールで開催される「2013 国際ロボット展」との相互入場も実施します。

来場者拡大に向けてのメディアプロモーション

主な告知メディア

新聞  
有力業界専門紙、および有力工業専門紙などを活用し、広く開催PRを実施。

雑誌
日経BP 社発行のビジネス誌および専門技術情報誌、有力技術情報誌、有力専門業界誌

インターネット  
Tech-On ! および同サイト内クローズアップサイト「次世代工場」、IT Pro、日経ビジネスNB Online  
上記関連メディアの定期購読者へのe-DM の配信。また、「オートメーション」「計測」「制御」といったキーワード で読者を抽出、アクティブ・ターゲティング・メールの配信。

スマートフォンイメージ

Facebook を中心とし、各種SNS と連動した来場者誘致

Facebook ページを作成し、メールマガジン等でページ開設の告知を行います。展示会開催情報やトピックなどを動画、写真を交えて、展示会ホームページ、又他のSNSと連動させ、事前告知や展示会への誘導を行います。

スマートフォン、携帯電話用サイト、アプリ作成

来場者向けスマートフォンアプリ、スマートフォン用サイト、携帯電話用サイトの作成、運用を行います。

海外来場者誘致のプロモーションを強化します

英語・中国語によるプレスリリース配信、日経BP 社の海外提携媒体を中心に、海外への報道体制を構築します。また、「世界のものづくり基地」中国・アジアにおいて、現地の関連技術展示会にてPRブースを設置し、積極的に直接プロモーションを行います。

テーマ展示・JEMIMAステージ

テーマ展示イメージ計測展では旬な話題をテーマに掲げ、テーマに沿った展示や特設ステージでのプレゼンテーション、事前取材による現場レポート紹介を行うなど楽しみにされている来場者が多くいらっしゃいます。公的機関や大学研究室の参加も募り、産・官・学の連携した企画で、「計測・制御」の社会貢献を紹介し、各企業のプレゼンス向上にお役立ていただいております。

2009 年からスタートし、これまでは復興や安全といった社会情勢を反映した内容をテーマとして取り上げてきています。2013 年も来場者と共有できるテーマで計測展全体を盛り上げます。

カンファレンス・セミナー拡大、学生コーナー充実

「システム コントロール フェア2013」との共同企画イベントとして、従来より好評を博していた基調講演や ラウンドテーブルセッションなどのセッションをさらに充実させます。

カンファレンスイメージ

・展示会の趣旨に沿った話題性のあるテーマで、該当分野の権威を講師として招いて基調講演やカンファレンスを開催します。また、計測展の人気企画の1 つとなっているラウンドテーブルセッションも、両展示会の趣旨に沿ったテーマで、その分野で今まさに活躍されている方々をパネリストに招いて充実させます。
講演会場の様子を展示会場内に設置したモニターで視聴できるなど、会場間の連携を実現します。また、USTREAM でも同時中継を行い、スマートフォンやタブレットPC でも視聴を可能にします。

・出展者セミナーは、製品展示のみでは伝えきれない技術的な新規性や優位性を顧客にアピールする場として、出展者の方々にご提供します。新規顧客の獲得や、お得意様囲い込みの一助としていただければ幸いです。

・学生コーナーは次世代を担う学生に計測・制御に関わる業界について学んでいただこうという企画です。主だった企業が一堂に会する展示会の場で業界研究の機会を提供しようというもので、従来の学生(研究室)展示、研究発表に加えて、キャリア教育セミナー・展示会ツアーを開催し、業界への興味を喚起します。

魅力ある出展者向けサービス(出展者様向けオプションメニュー)

『つぎの日サービス』

出展企業様がブースなどで集めた名刺情報、アンケート情報などを即日で入力し、翌日に納品するサービスです。個人情報のセキュリティを守りつつ、迅速かつ高い精度で大切な顧客情報をお届けします。
納品データのメールアドレスをクリックするだけで「ブース来場御礼メール」の送信ができるなど、出展者様にとって価値のあるサービスをご提供します。

『思い出しアンケート』

『思い出しアンケート』イメージ

ブース来場者にQR コード付きの カードを配布し、展示会終了後にアンケートにご協力いただく仕組 みです。配布するカードの準備からアンケートの集計までを代行します。実際に、展示会を訪れた方々からの確度の高い情報入手を可能にします。

『USTREAM動画配信サービス』

「計測展2013 TOKYO」の動画配信サービス会社を出展企業様にも安価で活用いただけるサービスです。
USTREAM を活用して自社ブースの紹介やセミナーの同時配信ができるほか、出展企業様のウェブサイトではアーカイブとしての利用が可能なため、営業ツールとしても有効に活用できます。

『広告出稿サービス』

『広告出稿サービス』イメージ「計測展2013 TOKYO」が出稿するメディアに、出展企業様も合わせて広告を出稿することができます。
これにより展示会と連携した効果的なプロモーションが可能です。

出展申込
出展者の資格

・出展対象品目に関連する事業を営む法人、およびその関連団体または政府機関で、主催者の認める法人。

・主催者は、出展内容が当フェアの主旨にそぐわないと判断した場合、出展をお断りすることがあります。

出展料
・1小間につき、
 JEMIMA会員:336,000 円(税抜価格 320,000 円)
 一般:367,500 円(税抜価格 350,000 円)
・出版・報道・公共団体小間は1 小間につき、168,000 円(税抜価格 160,000 円)
・出展料には、次のものが含まれます。
 システム基礎パネル(バック・間仕切り)、小間番号札、バッヂ等配布物

出展者セミナー料金
・1セッション50分 157,500 円(税抜価格 150,000 円) 
・1セッション20分 84,000 円(税抜価格 80,000 円)

※セミナープログラムについては、来場者の利便性を考慮して、主催者側で決めさせていただきます。

小間規格
・間口3m× 奥行3m× 高さ2.7m
・出版・報道小間は、間口3m× 奥行2m× 高さ2.7m

・並列小間(4 小間以下)、ブロック小間(4 または6 小間)、独立小間(8 小間以上)を設けることができます。

・18小間以下の独立小間は、下図の小間形態の中からの選択となります。
・独立小間は、縦横比が1:3 を超えないよう設定してください。

小間図
基礎小間構成 基礎小間構成

・主催者側で、システム基礎パネル(バック・間仕切り:白ビニールコーティング合板)、小間番号札を設けます。

・バックパネル・間仕切りは、隣接小間の境界にのみ設置します。従って角小間には、隣接小間の境界以外の間仕切りは付けません。

・独立小間は8小間以上とし、お申込み小間数により床面に墨出しを実施の上、お渡しします。

展示装飾

・小間内の展示装飾は、出展者側で施工してください。

・基礎小間には、直接装飾・加工を施すことができません。
またパネル板・ポール・ビーム等は、切断・釘打ち・穴あけなどの加工はできません。装飾上、加工せざるを得ない場合は、事前にご相談ください。

・装飾物の高さ制限は、並列小間は3.6m まで、ブロック小間は4.5m まで、独立小間は6m までとします。ただし、ブロック小間は1m のセットバックが必要です。

・展示される機器・システムについては、高さ制限はありません。

・20 小間以上の独立小間は、二階建て建造物を
設けることができます。
(二階部には展示することができません)

・詳細は出展者説明会にて配布の出展要綱に記載
します。

小間付帯サービス

・招待券DMセット:1小間当たり500部 (10小間以上一律7,500部、小間数分以内の追加は無料、小間数分を超える追加は1セット50円)

※例:30小間(30×500=15,000部)の場合、追加申し込みがなければ7,500部、申し込みがあれば追加7,500部までは無料

・ガイドブックでの出展内容紹介 ・公式サイトでの出展内容紹介 ・ポスター 希望者のみ 無料

パッケージブース
・基本的な設備がセットされたパッケージブースをご用意しています。
 基本プラン(1 小間) : 会員441,000 円(出展料含む/ 税抜価格420,000 円)
 一般472,500 円(出展料含む/ 税抜価格450,000 円)

パッケージブース

・2小間プラン(会員850,500円(税込) 一般913,500円(税込))、3小間プラン(会員1,249,500円(税込)一般1,344,000円(税込))もございます。 詳しくは計測展運営事務局にお問い合わせください。

小間配置

・小間配置は申込締切後、小間形態・会場構成等を勘案して、実行委員会にて調整決定します。

・出展者の小間位置は、出展者説明会(7 月中旬予定)にて、出展をお申し込みいただいた順番に選んでいただきます。ただし、独立小間の小間位置は、出展者と実行委員会にて調整の上、出展者説明会前に決定します。

計測展2013 TOKYOでは、小間位置抽選会を行いません。
・決定後の小間位置に異議を申し立てることはできません。

出展要項
出展のご案内(PDF: 3,127KB) PDF

出展申込
計測展2013 TOKYO
セミナー申込書(PDF: 216KB) PDF

・添付の出展申込書に必要事項をご記入の上、下記宛に郵送でお申込みください。

計測展運営事務局(日経BP社)
〒108-8646 東京都港区白金1-17-3 NBFプラチナタワー
電話 03-6811-8084 FAX 03-5421-9170 E-mail:jemima@nikkeibp.co.jp

・出展申込書受領後、「申込受領書」の発行を以って、正式な出展申込受領となります。

出展申込締切日
  2013 年5 月31 日(金)

・予定小間数に達した場合は、申込締切日前でも締切らせていただくことがあります。

・出展申込後の取消・小間数削減は、原則として認めません。ただし、主催者がやむを得ないと認めた場合は、取消・削減を認め、次の取消料を申し受けます。

6月30日(日)まで 出展料の50%相当額(消費税は別途加算)
7月1日(月)以降 出展料と同額(消費税は別途加算)

出展料の払込
・出展料は主催者からの請求により2013年8月30日(金)までに、指定口座にお振込願います。
・振込手数料は出展者にてご負担願います。
・手形によるお支払いはお断りします。

その他

・電気・給排水・臨時通信回線等
お申込みにより、電気・給排水の供給、臨時通信回線の架設をいたします。
詳細は出展者説明会にてご説明いたします。
(工事費、使用料などは出展者負担となります。)

出展者広告サービス
出展者サービス(有償)として、会場内に掲示できる「天井吊り下げ広告」等の提供を予定しています。
詳細は出展者説明会にてご説明いたします。

会場案内 会場図
東京ビッグサイト(東京国際展示場)

りんかい線 「 国際展示場 」駅下車 徒歩約7分 
ゆりかもめ 「 国際展示場正門 」 駅下車 徒歩約3分

都バス 
東16系統 (豊洲駅前経由 ):東京駅八重洲口から約40分  
海01系統 (豊洲駅前経由 ):門前仲町から約30分
虹01系統:浜松町駅から約40分

その他

主な日程
2013年
5/31(金)出展申込締切り
7/中旬(予定)出展者説明会
8/30(金)出展料払込期日
11/4(月)11/5(火)搬入・装飾施工(9時~17時)
11/6(水)〜11/8(金)会期(10時~17時)
11/8(金)撤去・搬出(17 時以降~22 時)

・日時および場所は、後日ご案内します。

・搬入・搬出、防火・防災、諸工事、その他に関する出展要項・規程および届出・申込書等を収載した「出展要綱」 (当日配布)により、出展に関する詳細説明をします。

・当日は出展者説明会終了後に、小間位置選定会(18小間以下の出展者のみ)を行います。
※計測展2013TOKYO では、小間位置抽選会を行いません。

不可抗力等による開催中止等

・主催者は、天災その他、不可抗力によるやむを得ない事情で会期を変更し、または開催を中止する場合があります。この場合、主催者は中止によって生じた損害の補償の責めを負いません。また、それまでに要した経費は、申込小間数に応じて出展者に負担していただきます。

・やむを得ぬ事情により、会期または開場時間を変更することがあります。この変更を理由として出展申込の取消、出展解約はできません。また、主催者はこれにより生じた損害の補償の責めを負いません。

禁止・制限事項

・小間の譲渡・転貸・交換はできません。

・出版・報道小間を除き、会期中いかなる理由によっても、出展物・装飾物を即売することはできません。

・小間周辺の通路において、来場者を大量に滞留させるような行為はできません。

・自社小間外において、来場者の誘引、アンケート、抽選、チラシ・景品の配布等これに類する行為はできません。

・照明、音量・音質は他の出展者の迷惑にならないようご配慮ください。

・小間内において、説明または実演のためにAV 機器を使用することができますが、スピーカは自社小間の外側に向けて配置することはできません。必ず自社小間内に向けて設置してください。

出展物の保護管理

・主催者は会場全般の管理保全にあたります。

・出展者は、準備時間中および開催時間中自社小間内に常駐し、出展物の保護、管理の責任を負うものとします。

・天災その他不可抗力による損傷、紛失、火災、盗難等の事故について、主催者はその責めを負いません。したがって、出展者は出展物保護にあたるとともに、保険を付す等の措置をとってください。

安全の確保

・出展者は、搬入・搬出、施工、実演等作業の全般について事故防止策を講じてください。

・出展者の行為により事故発生の場合は、当該出展者の責任において解決するものとします。

・消防法等、法令による展示規制に基づく、安全確保のための展示装飾の改修と費用は、出展者負担とします。

・展示・防災等主要事項については、出展者説明会にて配布の出展要綱に記載します。

工業所有権に関する展示物の保護

・新アイデアを利用した製品については、展示会会期前(出展前)の時点における特許庁への出願をお勧めします。

・特許庁の「指定博覧会制度」は、特許法等の一部を改正する法律(平成23年6月8日法律63号)により廃止されました。