計測の技と匠で、夢への挑戦 計測展2006 OSAKA お問い合わせ

JEMIMA 一般社団法人 日本電気計測器工業会
広告用ロゴデータダウンロード

M and C /計測と制御のポータルサイト
HOME 開催概要 出展企業一覧 入場事前登録 セミナー関係プログラム 会場配置図

セミナー関係プログラム(10月1日登録開始予定)

基調講演 フォーラム 登録受付用紙の再印刷

基調講演

会期:2006年12月7日(木)

会議室名:1009号室(10階)    定員:150名

11:00〜12:30

【K3】[テクニカルセッション]
「ロボカップにみる計測と制御技術:これまでとこれからの10年」

大阪大学大学院 工学研究科
知能・機能創成工学専攻 教授 浅田稔氏

人工知能とロボティクスの大いなる挑戦として提唱してきたロボカップも今年,ドイツブレーメンでの世界大会は10周年記念大会となり,参加チーム数,選手数とも過去最大のものとなった。本講演では,過去10年間のロボカップにおける計測と制御技術をビデオを踏まえて紹介する。過去10年間は,計測と制御の基本技術レベルの底上げが中心であった。今後10年間は,更なる技術革新に加え,人間と共生するための人間理解の研究との融合の必要性を示す。




All Right Reserved, Copyright (C) 2006. Japan Electric Measuring Instruments Manufacturers’ Association