簡易的な環境放射線測定に関するガイドライン

平成24年8月30日
放射線計測委員会

平成23年3月の福島第一原子力発電所事故の発生以来、環境中の放射線に対する不安が高まり、簡易型を中心に様々な放射線測定器が急速に普及しております。しかし、実際には正しくない方法で放射線量を測定する場面も見受けられ、放射線測定器の正しい測定方法や取扱に対する適切な情報が求められております。

このたび、放射線計測委員会は、「簡易的な環境放射線の測定」に関する測定器の種類、用途、測定方法について記載した「ガイドライン」をまとめましたので、測定の際にご活用ください。

なおガイドライン中の放射線測定器は放射線計測委員会メンバー会社の製品を例として載せたものです。

ガイドラインの詳細はこちらのリンク先よりご覧ください。