欧州 RoHS 2指令追加禁止物質関連のお知らせ

平成27年1月6日

(会員限定)欧州 RoHS 2指令追加禁止物質関連のお知らせ

環境グリーン委員会

 欧州連合は2011年7月1日付官報にて改正RoHS指令(2011/65/EU)を公布しました。
 改正RoHS指令では、第6条に禁止物質の見直しに関する規定があります。欧州域内では、この規定に従って、禁止物質の追加に関する検討活動が行われています。
 JEMIMA環境グリーン委員会は、これらの動きに合わせて、欧州域内意志決定機関への意見提出やJEMIMA会員に改正RoHS指令の内容や最新動向をご紹介するセミナーを開催するなどの活動を行っております。2015年2月20日にも環境セミナー2014の開催を予定しており、追加禁止物質検討に関する最新情報もご紹介する予定です。
 改正RoHS指令前文に記載された、優先的に評価すべき4物質(*1)につきまして、昨年末、正式にWTO/TBT通報が行われましたので、会員の皆様にお知らせいたします。
    *1: HBCDD(臭素系難燃剤)、DEHP/DBP/BBP(フタル酸エステル類)

内容をご覧いただくためには、会員専用のIDとパスワードが必要です。 ご不明な方は、お手数をお掛けしますが、各社の連絡員様宛にお問い合わせ願います。

欧州 RoHS 2指令追加禁止物質関連のお知らせ【PDF:249KB】

お問い合わせ先:環境グリーン委員会 事務局 牟田
電話:03-3662-8182、e-mail:kan-g@jemima.or.jp