POPs条約附属書AへのPFOA追加提案について

平成27年8月14日

(会員限定)POPs条約附属書AへのPFOA追加提案について

環境グリーン委員会

 欧州連合は、残留性有機汚染物質に関するストックホルム条約(POPs条約)の附属書A(廃絶)にPFOAを追加提案することを採択しました。
 PFOAは、既にPOPs条約や化審法(一特)で禁止されたPFOS(ペルフルオロオクタンスルホン酸)の代替として使われています。
 環境グリーン委員会ではPOPs条約の審議状況等を睨みながら対応していく予定ですが、対応方針の検討のため、PFOA(および類縁化合物)の使用・利用或いは中止に関する情報提供ならびにPOPs条約でのPFOA規制に関するご意見をお寄せいただけますよう、会員企業の皆様にお願いいたします。詳細に関しましては、以下をご覧下さい。

内容をご覧いただくためには、会員専用のIDとパスワードが必要です。 ご不明な方は、お手数をお掛けしますが、各社の連絡員様宛にお問い合わせ願います。

POPs条約附属書AへのPFOA追加提案について【PDF:153KB】

お問い合わせ先:環境グリーン委員会 事務局 牟田
電話:03-3662-8182、e-mail:kan-g@jemima.or.jp