三国関税同盟RoHS 意見募集への対応について

平成26年4月14日

(会員限定)三国関税同盟RoHS 意見募集への対応について

環境グリーン委員会

 2010年に、ベラルーシ共和国、カザフスタン共和国およびロシア連邦の三カ国による関税同盟が発足し、従来の各国毎の規制から、関税同盟共通のEAC(Eurasian Conformity)認証制度への移行が進められております。既に「ユーラシア経済委員会」により、多くの工業製品を対象とする「低電圧機器の安全性に関する技術規則」、「電磁環境両立性(EMC)技術規則」、「機械安全技術規則」などが公表され、2013年2月15日から施行されております。

 今回、関税同盟の技術規則「電気・電子製品に含まれる有害物質の使用制限」ドラフトが公表され、意見募集が開始されました。

 環境グリーン委員会では、他団体とも協力しながら、本件への意見提出に向け調査・検討を開始しております。現在、当委員会で把握しております規制概要に関して会員企業の皆様に情報展開すると共に、意見募集対応へのご協力をお願いすることといたしました。詳細に関しましては、以下をご覧ください。

内容をご覧いただくためには、会員専用のIDとパスワードが必要です。 ご不明な方は、お手数をお掛けしますが、各社の連絡員様宛にお問い合わせ願います。

三国関税同盟RoHS意見募集への対応について【PDF:191KB】

お問い合わせ先:環境グリーン委員会 事務局 牟田
電話:03-3662-8182、e-mail:kan-g@jemima.or.jp